固定回線からWiMAXに乗り換えた話

固定回線をやめてモバイルルーターに乗り換えた話を。

ずっと固定回線(プロバイダはビッ◯ローブ)を使ってたんだけど
光電話とインターネットで月額にすると結構高いし平日なんかは昼間仕事だし。
家の中でインターネットに繋ぐのは帰宅後から就寝までの間と休日を自宅で
すごす時のわずかな時間で頻度はそうそう多くない。

固定電話も最近では使う機会がほとんどない。
使ってないようなものだからやめてしまおうよってことになった。

とはいえインターネットは必要なのでモバイルという選択肢を考えた。
僕の使用環境ならモバイルの方がメリットが大きいと思ったからだ。

固定回線よりも低コスト、行動範囲がほぼエリア内であり外出先でも使用できる。
今までどおり家族も接続できるし持ち出せば外出先でも高速データ通信が可能だ。
オンラインゲームをするようなヘビーユーザーでもない。

こんな感じなので乗り換えた方が断然お得と判断した。

サポートの対応でその企業のイメージが決まる

予想はしてたけどこれ程とは。
顧客をリピーターにできないであろう対応とシステム。

固定回線をやめるにあたりプロバイダの解約手続きをしたんだがなかなかである。
顧客を逃がしたくないのはわからなくもないがちょっとうんざりした。

プロバイダのホームページから退会手続きの項目に進むと退会理由などのアンケートが。
結構な項目を答えて進んでいくと最終的には電話しろと。

「退会手続きはホームページ上ではできません、以下の番号より退会の手続きをして下さい」
とサポートの電話番号が出てきた。

電話かいっ!!と思わず声に出してしまった。(関西人ではないです。)

インターネットをサービス展開しているのにこうゆうところはアナログなんですね。
アンケートは電話番号を表示した上で任意に選択できるほうが印象はいいんだけどな。

結局電話番号にたどり着くまでに10分ほど要した。
時間のない人なら番号を控えて次の機会にしようと考えるかもな。

あっ!なるほどそうゆうことか。

だがしかし僕は解約すると決めているのでそのままサポートダイヤルにかける。
おなじみの音声ガイダンスが流れて指示に従い待っている。
サポートデスクはいつも混み合っている、オペレーターは何人いるんだろう。

待っている。待っている。待っている。

47分が経過した。

待っている。待っている。時間のない人なら次の機会にしようと電話をきるだろうな。

あっ!なるほど、そうゆうことか。

だがしかし僕は解約したいのでそのまま待つ。
52分、やっとオペレーターが電話に出た。
「お電話ありがとうございます、本日はどのようなご用件でしょうか。」

・・・・なぜ音声ガイダンスで解約の項目を選ばせた。

僕「解約をしたいんですけど。」

オペレーター「解約のお手続きですね、では少々お待ちください。」

・・・・保留音楽聞き飽きた。

メタリカとかスリップノットでも流しといてくれたら繋がった瞬間マザーファッカー!
って勢いになれるんだけどな。

それにしても・・・・どこ行ったんですか?

12分後。

オペレーター「ではお客様の退会の理由などについていくつかお聞きしてもよろしいですか?」

僕「それはホームページでこの電話番号にたどり着くまでにすべて答えているんですけど。」

オペレーター「えっ?あっはい、では退会の手続きをいたします。」

というような流れで退会手続きに1時間以上を要した。
これでは引き止めるどころか1度退会した人は2度と利用しないことだろう。
(僕は絶対に利用しない、そもそも転用の勧誘もしつこかった。)

たまたま僕が混雑した時間にあたっただけなのかもしれないがスマートフォンを片手に
1時間近く待っていた僕に「大変お待たせしました。」くらいあってもいいようなものだ。

一応ことわっておくがビッ◯ローブに限らず事務手続きをするときの
サポートの対応なんてどこもこんなもんなんだろうなとは思う。
モバイルルーターだって解約するときにはこんなんじゃないかと思ってる。

愚痴はこの辺にしておいて退会手続きは済んだしモバイルルーターを契約しなくちゃな。

WiMAX2+に乗り換えよう!そうしよう!

WiMAX2+サービスを提供しているプロバイダは複数あるがどのプロバイダを選択すればいいのだろう?

検索してみたらなんと20社以上もあるではないか。
とりあえずWiMAXで検索して上位に出てくるものをいくつかピックアップして比較検討することにした。

そしてピックアップしたのは2社。(少なっ!!)

Broad WiMAXとGMOとくとくBBだ。

比較する項目はランニングコストのみ。

通信速度も速いほうがいいと考えたがWiMAX2+のサービスは

提供業者によって通信速度が変わることはないらしい。

それぞれの大まかな特徴を見てみよう。

プランはギガ放題。(放題って響きが好きだからだ。)

Broad WiMAX。

初期費用 18,857円(ちなみに初期費用がかかるのはここだけみたい。)
※キャンペーン適用で0円。たいがいキャンペーンやってる。

端末代金 0円
月額利用料金
初月 2,726円の日割り計算
1~2ヶ月目まで 2,726円
3~24ヶ月目まで 3,411円
25ヶ月以降 4,011円
契約事務手数料 3,000円

GMOとくとくBB

初期費用0円

※キャッシュバックあり(選択した端末により金額は変動)

端末代金 0円(キャッシュバック有)
月額利用料金
初月 3,609円の日割り計算
1~2ヶ月目まで 3,609円
3~24ヶ月目まで 4,263円
25ヶ月以降 4,263円
契約事務手数料 3,000円

となっている。(※執筆時)

GMOとくとくBBにはキャッシュバックがついていて2年間を月割りにすると
GMOとくとくBBのギガ放題プランの方が安くなるがそれ以降も継続して利用する場合には
Broad WiMAXのギガ放題プランの方が月額利用料は低額だ。

まぁ月に7GBも使わないよって人は規定の容量を超えた場合に通信制限がかかるが
もう少し維持費の安い通常プラン等もあるので自分の使用頻度や環境を考えてみよう。

最終的に僕はBroad WiMAXを選んだ。

僕がBroad WiMAXを選んだ理由。

WiMAXサービスを展開するプロバイダの中で初期費用がかかるのはBroad WiMAXだけだ。
契約事務手数料はどこのプロバイダも同じで軒並み3000円が別途必要となる。

もし初期費用が0円になるキャンペーンをやっていなかったら完全にGMOとくとくBBにしていたと思う。
事務手数料と合わせて2万円をこえる初期費用がかかることになるのだからちょっと痛い。

しかし月額使用料は最安レベルだし継続して利用するなら月額は安いに越したことはない。
GMOとくとくBBにはキャッシュバックがついているが受けられるのは1年後くらいだし
手続きがありそれを忘れているとキャッシュバックそのものを受けることができない。

何も考えずに使い続けるならBroad WiMAXにするのがベターだと思ったからだ。

Broad WiMAXを契約する際の注意点。

Broad WiMAXを契約するときにはいくつか注意する点がある。

初期費用0円キャンペーンを適用するためにはいくつか条件があるのよ。

支払い方法でクレジット払いを選択することと2つの有料オプションに強制加入すること。
この条件をのまないと初期費用は0円キャンペーンが適用されない。

とはいえ普段クレジットを使っている僕には問題ないしむしろその方が便利。
カード払いにしておけば引き落としが1回ですむしポイントもたまる。
オプションもすぐに解約手続きをすれば料金は発生しない。

よって注意が必要なのはオプションを忘れずに解約することだけだ。
OK!じゃぁ僕はbroad wimaxに決めたから契約するよ。

あっあと契約の際は自分の地域や行動範囲がエリア内であることも確認しよう。

Broad WiMAXモバイルルーターを使用しての感想。

契約手続きが完了した次の日にもう端末が届いてモバイルルーター生活が始まった。

端末はこれにした(契約時点では最新端末だったSpeed Wi-Fi NEXT WX03)↓

カラーはディープブルー(ホワイトにすればよかったとちょっとだけ思う。)

まずは家での使用感。
固定回線の時はモデムに市販のwifiルーターをつないでwifi環境にしていた。
体感だがまったく遜色なく繋がる。

PCとスマホとタブレットを同時に接続してみたがストレスなく繋がった。
僕は趣味程度にFXをしているんだけどチャートの表示や取引にも特に
問題はなかった。

外出時はどうかというとやはり繋がりにくい状況というのは必ず出てくるものだと思う。
ビルの中や機械がたくさんある場所などでは電波状況が低下したこともあったが
シチュエーションとしては頻度が少なくそれほど困ることもなく普通に使える。

バッテリーの持ちを心配していたが予想よりはるかによくオンオフをこまめにしなくても
日中の間バッテリー切れになることもなかった。

まぁ使用状況にもよるとは思うけど僕の使い方では全く問題なし。
(バッテリーも劣化していくので徐々に短くなっていくのは仕方ないと思う。)

総じて使い勝手は事前の予想を上回ったので満足度は高かった。
☆4っ。

まとめ

固定回線をやめてBroad WiMAXに乗り換えた当初の同期は通信費の見直しである。
今回乗り換えたことで今までより月2,000円~3,000円通信費を節約できる。
年間にしたら結構でかいよね。

通信のクオリティも今までと変わらないしもっと早く乗り換えるべきだった。

プロバイダに関してはどこがオススメってこともない、各々で比較検討するべきだと思う。
自分に合ったプロバイダを選択できれば何よりだしこれからもより良いサービスと
出会ったら積極的に現状と比較して乗換えを検討したいと思った。

ただどんなものを比較するにしてもアンチは必ず存在するので口コミを鵜呑みに
するより自分で調べた方が満足度も高くなるのではないだろうか。

皆さんも是非自分のネット使用状況などを今一度見直してみてもいいと思う。

インターネットに接続すると最初の目的とは違うことをしてしまうヤーマンでした。
夜更かしはほどほどに。

またね。