スマホで楽しむ電子書籍、リーダーアプリはkindle?それとも楽天kobo?いえいえ両方使うのよ。

電子書籍リーダーアプリはこの2つを
入れておけば最強でしょって思ってる。

電子書籍も悪くない。

電子書籍が出だしたころ僕はスマホやタブレットで本を読むなんて考えられなかった。
ずっと紙の本を読んでいたし本棚に本を並べるのが好きだったんだ。
今でも特に好きな本やコミックは紙の本を買う、コレクター気質が少しあるみたいだ。

理屈ではわかる、スマホ1台で購入から読むまでをどこにいてもできるし何冊も持ち歩ける。
通勤時間や休憩時間といいたスキマ時間に本を読むのに本当に便利だ。
けれど電子書籍には少し抵抗があった。喰わず嫌いみたいなもんだ。

そんな電子書籍を敬遠していた僕が電子書籍を読みはじめたきっかけは楽天koboだ。
貯まっていた楽天ポイントを使って書籍を購入したのが最初。
代金の全てをポイントで支払えるので0円で買えた。

そして実際にアプリを楽天koboアプリをインストールして読んでみると想像よりもずっと読みやすかった。
ちょっとしたカルチャーショックを受けつつも紙には勝てないがけど悪くないなと。
それからポイントが貯まると読みたい本を電子版で購入するようになった。

電子書籍といえぼkindleをはじめに思い浮かべる人が多いんじゃないだろうか。

楽天ポイントの使い道が動機だったから最初に楽天koboを使うことになったが
現在はkindleアプリと楽天koboアプリ両方を利用している。

この手のアプリのデメリットは共通している。
アプリ内で書籍を購入することができないことだ。
これは非常に不便で現状はブラウザからストアにアクセスする必要がある。
それぞれkindleストアや楽天ブックスで購入してからリーダーアプリを起動して
データをダウンロードしてから読み始めるといった手順でちょっと手間がかかる。

アプリ上で全てが完結できれば言うことないんだがそこが
少し残念。まぁ僕みたいなもんでも思うことをやらないんだから
なにか大人の事情があるんだろう。

2つのアプリを比べてみる

UIの違い

kindleアプリ

楽天koboアプリ

機能としては楽天koboアプリには自分の読書に関するデータを見れる機能がある。
読んだ冊数や読書した時間、読んだ本のジャンルなどを数値やグラフで見ることができる。
それ以外電子書籍自体の読みやすさや操作性にそれほど大きな差は見られない。

どちらもiphone5sで快適に読めている。

ストアの使い勝手はkindleストアの方が若干使いやすいと感じている。

kindleストア

楽天ブックス

「アフィリエイト」で検索した結果だがkindleストアの方にはamazonではお馴染みの
ファイブスターがあって視覚的に書籍の評価がある程度わかる。
ファイブスターの横のレビュー数の多さでよく読まれている本かどうかを判断することもできる。

もちろんレビューがよければいい本だという訳でもないが沢山ある本の中から
ある程度しぼるには僕としてはありがたい情報である。

同じ本でも値段が違うことがあるので気になる本がある場合は比較してみるといい。
これは最近読んだ「副業ブログで月に35万円稼げるアフィリエイト」という本の商品ページだ。

kindleストア

kindle版は1,400円。

楽天ブックス

電子版で1,512円。

kindleストアのほうが電子版の価格がちょっと安かった。

ただ安いならkindleの方がいいじゃんと思うだろうがちょっと違う。
この時僕は楽天ブックスでこの本を購入した。その理由は使えるクーポンがあったから。

誕生月だったので15%オフのクーポンをもらっていた。
これを使うと1,512円が1,285円になりkindleストアより安く購入できた。

このようにいちがいにどちらがお得かは決められないのだ。

どちらも甲乙付けがたいからこそ両方使う。

使い勝手の好みは分かれると思うがどちらも電子書籍を読むにはいいサービスだと思う。
どちらか1つに決めたいという人は好きな方を選ぶといい。

僕はどちらも捨てがたいのでどちらも使う。

最後まで読んでいただき感謝する。
ありがとう。